アイピルはいわゆるアフターピルの種類の1つです。コンドームは使用したが、破れたりなどで避妊が上手くいかなかった時などに必要になります。性交後の24時間以内に服用することでほぼ確実に避妊が期待出来ます。

アイピルと苦痛とホルモンについて

恋人やパートナーがいる女性にとって性行為の際の苦痛は問題となります。そのような場合は専用のゼリーなどを使うという方法があり、膣に潤いを与えることで苦痛を感じにくくなるのです。アフターピルというものを聞いたことがあるかもしれません。これは性行為の後に飲むピルのことであり、アイピルが最もよく知られています。このようなアフターピルには女性ホルモンが含まれており、飲むだけで妊娠を予防することができるのです。妊娠を望まない人は事前に避妊をしておく必要がありますが、避妊に失敗して妊娠のリスクがある場合、アフターピルで緊急的に避妊をする必要があります。ちなみに、アフターピルを服用すると約80%の確率で避妊できるとされています。しかし、避妊効果を得るためには性行為から72時間以内に服用することがポイントであり、それを過ぎてしまうとほとんど効果が得られないということです。アイピルのようなアフターピルは早く飲むほお避妊の成功率が高くなりますし、時間が経過するほど失敗率が高くなってしまいます。少しでも早く服用することが大切であり、女性は自身の体を守るためにアフターピルを常に用意しておくと良いでしょう。もちろんアフターピルは確実に避妊できるわけではありませんし、毎日低用量ピル飲んでしっかりと避妊対策を行うことが大切です。アフターピルには性行為の後に緊急的に避妊をするという効果があります。コンドームが破損していた場合やコンドームを付けずに性行為をしてしまった場合、性暴力の被害に遭ってしまった場合など、なるべく早くアフターピルを服用することで避妊の成功率が高くなるのです。しかし、アフターピルは低用量ピルよりも含まれている女性ホルモンの量が多く、体への負担が大きいとされています。そのため普段は低用量ピルをしっかり飲んでおき、どうしても必要な時にだけアフターピルを服用すると良いでしょう。アイピルのようなアフターピルは緊急避妊薬として知られていますが、この薬には排卵を遅らせたり、受精卵が着床しにくいように子宮内膜を剥がしたり、精子が子宮に入るのを防ぐ効果などもあります。アフターピルは緊急の際に産婦人科で処方してもらうというイメージがあるかもしれません。しかし、最近では通販でもアイピルのようなアフターピルを購入することができます。通販サイトの方が病院で処方されるよりも値段が安いですし、万が一の時に備えて安く購入しておくと良いでしょう。

最新記事一覧