アイピルはいわゆるアフターピルの種類の1つです。コンドームは使用したが、破れたりなどで避妊が上手くいかなかった時などに必要になります。性交後の24時間以内に服用することでほぼ確実に避妊が期待出来ます。

アイピルと免疫と太らないについて

アイピルの副作用について教える男性アイピルは緊急避妊薬として知られていますが、飲むことで太らないかと心配している人もいるかもしれません。しかし、アイピルにはそのような副作用はありませんし、太らないのでダイエット中でも安心して飲むことができます。しかし、人によっては食欲が増進されることもありますし、むくみによって太ったと感じてしまうこともあります。ピルというのは飲み続けることで効果を発揮するものなのですが、他にもさまざまなメリットがあるので知っておきましょう。ニキビというのはストレスや生活習慣などが原因でできてしまうものであり、生理前にニキビができやすいこともあります。ホルモンバランスが原因でニキビが発生してしまう場合、ピルを飲むと良いでしょう。生理前の2週間は黄体ホルモンがたくさん分泌されるのですが、この黄体ホルモンは男性ホルモンと似ているため、皮脂の分泌が活性化されてしまいます。PMSとは生理前のイライラや憂鬱な気分のことであり、このような悩みがある場合もピルを服用すると良いでしょう。生理の出血が多すぎると貧血になってしまうこともありますが、子宮内膜のボリュームを減らすことで生理の出血の量も抑えられますし、貧血が起こりにくくなるのです。アイピルのようなアフターピルは正しく服用することにより、ほぼ確実に避妊できるとされています。一般的にはコンドームやピルによる避妊が一般的なのですが、失敗してしまうことがあるかもしれません。しかし、アイピルは体に対する負担が大きいため、免疫力が低下してしまうことがありますし、ニキビができやすくなることもあります。また、アフターピルは基本的には緊急時に服用するための薬であり、普段からこの薬に頼ってしまうのはよくありません。服用する際には副作用のリスクについても知っておく必要があり、できるだけ早く病院で処方を受けると良いでしょう。できるだけ早く飲むことで確実に避妊できるようになりますが、普段から低用量ピルなどで避妊をすることも大切です。低用量ピルは含まれている女性ホルモンの量が少ないため、体への負担が少ないですし、免疫力が低下してしまう心配もありません。しかし、体質によっては服用できないこともあるため、必ず事前に病院で検査を受けることが大切です。病院で検査を受けるのは恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、それによって安心して服用できるようになるのです。また、通販サイトを利用して購入するのも良いでしょう。

最新記事一覧