アイピルはいわゆるアフターピルの種類の1つです。コンドームは使用したが、破れたりなどで避妊が上手くいかなかった時などに必要になります。性交後の24時間以内に服用することでほぼ確実に避妊が期待出来ます。

アイピルとメチルアルコールとダイエットについて

アイピルを飲むと太るというイメージを持っている人も多いでしょう。その原因について気になっているという人もいるかもしれません。そこでアイピルが女性の体に与える影響について知っておくことが大切です。アイピルを服用することで食欲が増進してしまうことがありますし、逆に食欲が減退してしまうこともあります。これはピルに含まれている成分が原因であり、エストロゲンやプロゲステロンといったホルモンが女性の体に影響を与えるのです。ピルには食欲を増進させるという効果があるため、気づかないうちに普段よりたくさん食べてしまい、太ってしまうというケースもあるので注意しましょう。ピルを服用するかしないかに関わらずエネルギーをたくさん摂取することで肥満を引き起こすリスクがあります。アイピルを服用したいけれどダイエット中の人や太りたくない人には低用量ピルがおすすめです。低用量ピルはアイピルよりも含まれている女性ホルモンの量が少ないため、副作用が起こりにくいとされています。しかし、体への影響については人によって異なっていますし、成分によっては副作用が起こってしまうこともあります。生理前や生理中は心身にかなりのストレスがかかってしまいますし、しっかりと体重の管理を行うようにしましょう。太るといっても体重の増加だけが気になるわけではなく、むくみで悩んでいるという人もいるかもしれません。ピルを服用すると体内に水分が溜まりやすくなるため、むくみが起きやすくなるということです。ピルにはエストロゲンというホルモンが含まれており、体内のナトリウム貯留を増やすことで水分を溜め込もうとします。ちなみに、むくみは体内の余分な水分が溜まることで起こってしまうものですし、ナトリウムが蓄積することでむくみが起きやすくなります。また、通常より水分を溜め込もうとすることで体重も増加してしまうということです。ちなみに、肝機能障害がある場合もピルを飲むことで太ってしまうことがあります。しかし、低用量ピルの場合は心配ないとされています。ちなみに、肝機能障害を持つ人はピルの服用が禁止されているため、そのことにも注意しましょう。栄養ドリンクを使ってダイエットをしている場合はメチルアルコールを避けることが大切です。栄養ドリンクは肝臓がメチルアルコールを分解する時に役立つものなのですが、摂取するとダイエット中でもたくさん食べたくなってしまうことがあります。

最新記事一覧