アイピルはいわゆるアフターピルの種類の1つです。コンドームは使用したが、破れたりなどで避妊が上手くいかなかった時などに必要になります。性交後の24時間以内に服用することでほぼ確実に避妊が期待出来ます。

アイピルとブライダルと賞味期限について

恋人やパートナーがいてブライダルを控えているけれど、妊娠をしたくないという女性も多いでしょう。そのような場合はピルという薬を使う必要があります。避妊というとコンドームを使っている人も多いのですが、最近では薬を使って避妊をしている人も増えています。ピルというのは飲み続けることで避妊効果を得られるという薬であり、体への負担が少ないというメリットがあります。また、緊急的に避妊をしたいという場合、アイピルのようなアフターピルを服用すると良いでしょう。人間の場合は妊娠だけを目的に性行為をするわけではありませんし、コミュニケーションの一つとして性行為が行われることもあります。そのため妊娠を望まない場合にはしっかりと避妊するようにしましょう。コンドームの方が手軽に使えると言う印象があるかもしれませんが、破れてしまったり外れてしまうこともあります。アフターピルは何らかの原因によって避妊に失敗した時に使われる薬であり、効果を得るためには性行為をしてから72時間以内に服用する必要があります。アイピルのようなアフターピルは低用量ピルと同じように服用しますが、避妊効果については低用量ピルの方が高くなっています。ちなみに、アフターピルは薬なので特に賞味期限などはありませんし、しっかり保存しておけばいつでも使うことができます。ブライダルを控えているなら避妊をせずに性行為をしても問題がないかもしれません。しかし、経済的に余裕がない場合や子供を望まない場合はしっかりと避妊をするようにしましょう。アイピルは手軽に避妊できる方法であり、1回服用するだけで効果を期待できます。この薬はできるだけ早く服用することが大切であり、24時間以内に服用すると95%、72時間以内に服用すると75%の確率で避妊できるということです。しかし、この薬は体への負担が大きいので常用には向いていませんし、万が一の時に使う薬だと覚えておきましょう。さまざまな副作用のリスクもあるため、アイピルに頼った避妊はできるだけ行わない方が良いのです。基本的には他の方法でしっかりと避妊をすることが大切であり、それでも失敗してしまった時にアイピルを服用するようにしましょう。ちなみに、アフターピルは病院で処方を受けるだけでなく通販サイトで購入することもできます。通販サイトなら同じ薬でも病院より安く手に入りますし、診察を受ける時間や手間もかかりません。

最新記事一覧