アイピル知ってる?

アイピルはいわゆるアフターピルの種類の1つです。コンドームは使用したが、破れたりなどで避妊が上手くいかなかった時などに必要になります。性交後の24時間以内に服用することでほぼ確実に避妊が期待出来ます。

アイピルは通販で安く入手しましょう

アイピルを購入するか悩んでいる女性アイピルの主成分はレボノルゲストレルと言う黄体ホルモンです。
使用目的は、望まない妊娠をした時の緊急避妊薬です。
その効果は、精子を子宮頸管に入りにくくするとか、排卵を遅くするとか、受精卵が子宮に着床するのを防ぐことで、避妊を成立させます。
大切な事は、緊急避妊が必要となって72時間以内にのむことで、24時間以内に飲めば95%の確率で避妊が成立すると言う報告があります。遅くても、72時間以内に飲むことが必要で、その場合は、75%避妊できると言う報告もあります。120時間以内であっても50%暗いは、避妊が成功すると言う報告もあります。

他にヤッペ法と言う卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両法を含む薬を産婦人科で処方してもらう方法もありますが、この方法でも費用は1万円くらいかかり、激しい副作用の吐き気があります。このヤッペ法も最初に2錠飲み、されに12時間後に2錠飲まなければならず、2回目に飲むことを忘れる場合がありますし、費用も1万円ほどかかります。さらに、緊急避妊の常備薬としての処方箋は発行してもらえません。

アイピルは、日本では先発品が2011年に、産婦人科で販売が許可され、緊急避妊が必要になった場合に受診をすると、保険はききませんので1錠1万5千年から、2万円くらいの金額で手に入れることができます。

アイピルを使用することで、一番大切な事は、緊急避妊が必要となってすぐにアイピルを服用することなのです。翌朝、産婦人科を受診したから手に入れようとすれば、先発品が手に入りますが、少なくても12時間は経過していることでしょう。もちろんアイピルの効果は、12時間以内が12時間から24時間よりも高いです。

アイピルを事前に用意しておいて、緊急に必要となったらすぐに服用することが、もっとも賢い選択肢です。
アイピルは、町の薬局やドラッグストアで手に入れることはできません。
手に入れる方法は医薬品個人輸入を使って、通販で手に入れましょう。
通販で手に入れた場合、アイピル1箱1錠入り1145円で売り出している医薬品個人輸入代行業者があります。
日本で、産婦人科を受診しても常備薬としてのアイピルの処方箋は手に入りません。
そのためには、通販で安くアイピルを手に入れお守り代わりに持っていることにより、緊急避妊薬を必要時すぐに使うと言うのが、よい選択肢のひとつなのです。

アイピルの効果をしっかり発揮するためには

緊急避妊薬として人気のアイピル。高い確率で妊娠を防いでくれますので、避妊に失敗したときなどに利用すると望まない妊娠を避けることができます。コンドームを使用する避妊は、どうしても男性の協力が欠かせません。しかし男性の中にはコンドームの使用を拒む人もおり、女性から強くコンドームの使用を望むのが難しい場合もあります。

そこで女性が自分の意思で妊娠をコントロールするためには、ピルの利用が効果的です。特にこのアイピルは性行為をした後でも効果がありますので、低用量ピルのように毎日飲む手間がなく、飲み忘れの心配もありません。万が一の事態に備えるために常備しておくのも一つの方法です。

この薬の効能を最大限に活かすためには、服用するタイミングに注意することが必要です。基本的にこの薬は、性行為後72時間以内に服用すれば効果があるとされています。しかしもっと避妊率を上げたい場合は、性行為をしてから24時間以内に服用します。24時間以内に服用した場合は、9割以上の確率で妊娠を避けられるとの報告があるので、確実に否認したい場合は性行為後すぐに服用したほうがいいでしょう。

またせっかくアイピルを服用しても、その後で嘔吐してしまえば意味がなくなります。もともとこの薬には副作用があり、吐き気もその一つです。3時間以上経過してから嘔吐した場合は、すでに薬の成分が体内に吸収されている可能性が高いので問題ありませんが、服用後3時間以内に嘔吐してしまった場合は、薬の成分まで体外に吐き出してしまいます。そうなれば吐き気が収まるのを待ってから、再び薬を飲みなおさなければいけません。

嘔吐してしまうことを防ぐためには、空腹時の服用を避けるなどの対策が必要です。アイピルはアルコールとの併用も禁止されておらず、服用後の飲酒も問題ありませんが、お酒の影響により嘔吐してしまうこともありますので深酒はしないほうがいいでしょう。

このようにアイピルの効果をしっかり発揮するためには、できるだけ早期に服用すること、そして嘔吐しないように心がけることが大切になります。嘔吐しても薬を飲みなおせば問題ないので、そのための時間を確保することも考えれば、やはり早期の服用が第一ということになります。緊急避妊薬は医療機関で処方してもらえますが、ネット上の薬の通販サイトや個人輸入代行サイトを利用して常備しておけば、いざというときにすぐに服用することが可能です。

アイピルは世界中で使われているアフターピルです

アイピルなどでの避妊の大切さを知る女性アイピルは、もしセックスをした後、望まない妊娠の可能性がある場合、24時間以内の服用で95%妊娠を避けることができる薬で、アフターピルの1種です。

24時間から48時間以内で85%、48時間から72時間以内で58%妊娠を回避できる確率があります。

この数字は月経周期を全く考慮していない数字で、排卵美付近では85%の確率で妊娠を避ける事が出来ます。

その作用は、排卵日を遅くしたり、子宮内膜での受精卵を着床しにくくしたり、精子が子宮に入りにくくしたりします。

日本では2011年にアイピルの主成分レボノルゲストレルを含む商品が、アフターピルとして処方する事ができるようになりました。

しかし、この薬は保険がきかないために、1回の使用料金が1万5千円から2万円かかってしまいます。しかも、セックス前に準備をしておく事は出来ず、避妊を失敗した後に婦人科で処方してもらう物なので、どうしても服用までの時間がかかってしまいます。

避妊に失敗をした場合、すぐに飲むことが一番効果が高いので、緊急用として常備をしておく事が大切な薬です。

レボノルゲストレルはドラッグストアで、手に入れる事は出来ない薬ですので、もし手に入れようと思えば、医薬品個人輸入をしてて手に入れなければなりません。

インドは特許法では、医薬品の製造過程に対して特許を設定する事ができませんので、特許が切れていない医薬品でも、合法的に製造が出来ます。そのために、発展途上国で、エイズにかかった患者の治療薬などをインドの製薬会社は安価に提供をして、国境なき医師団の手を通して広く利用されています。

アイピルもインドのジェネリック製造会社のうち一番大きい会社で製造されたもので、日本で個人輸入をすると、1錠2000円くらいで手に入れることができます。

妊娠中絶を避けるために緊急用として使用する場合が多いので、医薬品個人輸入をして3個くらい常備をしている女性が、味本国内でもおおくいますし、世界各地でもたくさんの女性が緊急用として常備をしています。

ただ、あくまでも医薬品個人輸入を通して使用するものなので、使用は自己責任となります。

さらに、アイピルは、妊娠中や授乳中や重い肝臓障害がある人は、服用できません。アイピルはあくまでも、緊急避妊用の薬です。

妊娠を避けたいのであれば低用量ピルを毎日服用する事によりほぼ100%避妊をする事が出来ます。

ただ、低用量ピルでは、エイズ等の感染症は防ぐことはできません。

できればコンドームを使用する事をお勧めします。

最新記事一覧